2013年上半期CMクイーン武井咲、剛力彩芽、上戸彩から見る、オスカー戦略とは? 創価学会が援助?

takei

2013年上半期のCM出演ランキング(ニホンモニター)が発表され、
大手芸能プロ「オスカー」の戦略に話題があがっています。

上位のオスカー所属は、武井咲(19)、剛力彩芽(20)、上戸彩(27)。

オスカー戦略とは?創価学会も関与??
芸能人と創価学会の関係とは?

スポンサードリンク

takei

<2013年上半期のCM出演ランキング>

1位 15社     武井咲

2位 13社     篠田麻里子(AKB48)

3位 12社  剛力彩芽、 ローラ

4位 10社 上戸彩 ベッキー 堀北真希

5位 9社 天海祐希、 板野友美(AKB48)

桐谷美玲 小嶋陽菜(AKB48)

島崎遥香(AKB48) 谷花音

6位 8社 石原さとみ きゃりーぱみゅぱみゅ 佐々木希

 

 

オスカーのタレントがCM出演に多い理由、オスカー戦略とは?

CMが多い理由に、

オスカー所属タレントのCMギャラが相場より断然安いから、

といわれています。
抜群の存在感があり、お手ごろなギャラ、ということで「お得感」
あると多くのスポンサーが積極的にCMに起用しているんだとか。

また、オスカーはCMに力をいれていて、アイドル路線に比べ、
清潔感を売りにし、女性に好感度の高いタレントを売りにしています。
所属タレントには25歳まで恋愛禁止とプライベート管理まで徹底しているとか。

一方で、この上位のオスカーの3人(武井、剛力、上戸)は
創価学会の会員だと広く噂されています。

goriki

スポンサードリンク

創価学会と芸能人との密な関係

特に上戸彩は創価学会の広告塔だといわれていますが、
本人が会員だという発言などは一切していないようです。

それどころか、創価学会の支持する公明党のライバル、共産党の宣伝活動に起用されています。

なので、上戸彩=創価学会というのはデマらしいです。

ueto

なぜ多くの芸能人は創価学会と噂されているのでしょう?

創価学会の芸能界への影響

およそ10~15人に1人は学会員といわれている程、
創価学会は現代の日本に浸透しています。

その創価学会の会員はあらゆる分野の業界に進出しています。

中には大きな権力を持っている人も。

また、創価学会には芸能人の枠、というものがあり、様々な特典が得られるそうです。
チケットを大量に購入してくれたりと、芸能活動に大きな援助をしているようです。

創価学会に所属

同会員からの支持やバックアップを得られる

芸能界で成功する

上記のシナリオが成り立っているようで、
成功している芸能人は創価ではないか、とすぐ疑われるのが現実みたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


LINE 恋愛

関連記事はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る