2人目のつわりはひどい?初期症状や出産時の違いは?

hlkljgk

初めての妊娠では喜びもつかの間、「つわり」というちょっとした試練がやってきます。但し、人によって程度は様々です。まったくないという方も中にはいらっしゃいますが、多かれ少なかれ、大抵の妊婦さんはつわりを経験するのではないでしょうか。

  • 上のお子様の時と二人目の時のつわりには、なにか違いはあるのでしょうか?
  • 二人目ではもっとひどくなるのでしょうか?
  • つわり以外の初期症状や出産時にも違いはあるのでしょうか?

そのあたりをリサーチしてみました。

スポンサードリンク

1人目と2人目のつわりの違いは?

こればかりは予想のしようがありません。本当に蓋を開けてみるまでわからないのです。

一人目はものすごくひどかったのに、二人目はまったくなかった、という人もいれば、一人目は軽かったのに、二人目はかなりひどかった、という人もいます。また毎回同じようなつわりだったという人もいます。

体質的に何人産んでも、どんな性別でもつわりはなかったという人もいらっしゃいますし、毎回違いました、という方もいらっしゃいます。
季節によってつわりの感じ方も違います。前回と同じような程度のつわりであっても、真夏の暑い中でのつわりはかなり辛く、重く感じることもあるでしょう。

 

初期症状の違いは?(つわり以外)

つわりが始まる前には初期症状として、胸の張りや疲労感、下腹部の違和感などがあると思いますが、これもつわり同様、二人目も同じ症状が出るわけでもありません。

ただ、経産婦の場合は、一度経験しているだけに、初期症状でこれは妊娠かもしれない、とピンとくることはあるかもしれません。
しかし育児に追われているため、二人目の初期症状にまったく気がつかなくて、実は妊娠していた、ということも往々にしてあります。

スポンサードリンク

 

妊娠経過、出産時の違いは?

妊娠経過も二人目だから楽、ということは特になく、お腹にいる赤ちゃんによって様々です。最初の出産は順調だったのに、二人目は切迫早産になりかけて慌てて入院、ということもありますし、その逆だってあります。どちらも順調だったという方もいます。

ただ、出産時は二人目のほうが楽だった、という方は多いと思います。産道が出来ているので、最初の子の時は時間がかかったのに、二人目はあっという間に産まれた、という方は結構いらっしゃいます。陣痛も出産時の痛みも毎回なにかしら違うものですが、一人目よりはスムーズに出産しやすい体の環境はあると思います。

ですが、中には一人目安産だったのに、二人目は難産だった、という方もいらっしゃいますので、二人目はみんな楽に産めるというわけではありません。

 

まとめ

二人目の妊娠、つわり、出産はどうしても最初の時の経験と比較してしまいやすいものですが、誰ひとり同じ人がいないように、妊娠、出産もまったく同じということはあり得ません。

最初の子のつわりと違う出方をすると反対の性別の可能性がある、などという話も聞きますが、本当にこればかりはわからないものです。私自身、長男の時とお腹の出方もつわりの症状もほとんど同じだったので、てっきり同じく男の子だとばかり思っていましたが、実際には女の子でした。

仕事をしている人は気が張っているのでつわりも軽いと聞きますが、母体がどういう状態であれ、上の子がいると世話をしなくてはならないので、一人目の時のつわりよりは軽く感じやすいかもしれません。というよりも、つわりに集中する暇がない感じですね。それでも二人目のほうがつわりが重い、という場合には、子供のお世話で負荷がかかりやすいので重症化しやすい可能性もあります。入院するはめになったり、寝込んでしまったり、ということもあり得ます。

妊娠経過も出産も、状況や体質、子供によってそれぞれ違います。初産は時間がかかりやすいものですが、二人目は比較的楽なことが多いのは、産道が出来ているからですね。私自身、上の子はほぼ一日がかりの難産で大変でしたが、二人目は陣痛の時間も短く、あっという間のスピード出産で、あまりの違いに驚いたほどです。

つわりは上の子がいると、妊娠前半が大変に感じることもありますが、上手に乗り越えて楽しい妊婦ライフを送れるようにしたいものですね。

 

【2人目に関連する記事】

→2人目の胎動はいつから?母体が冷えているとどう影響する?

→2人目妊娠で上の子の夜泣きや抱っこが多くなった時の対処法

→2人目妊娠したい!女の子の成功産み分け方法まとめ!

(Photo by hlkljgk)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


LINE 恋愛

関連記事はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る