ピル服用中で妊娠したい!中止のタイミングと生理の影響は?

girl

今の時代は婦人系の悩みを解決してくれるものが様々ありますね。その中でもピルは約1億人が使用しているということですから、おそらく世界中の女性たちの間で最も人気のあるものでしょう。

ピルにはエストロゲンとプロゲステノーゲンというホルモンが入っています。ピルを服用する方の目的は生理不順や、生理痛が重いため、もしくは避妊のためなどがあげられると思いますが、服用中に「妊娠したい」という希望が出てくることもありますね。

その場合、ピルを中止するタイミングは一体いつがよいのか、生理はいつ戻るのか?などの疑問がわいてくると思います。

そこでピル服用中に妊娠希望された場合の中止のタイミングや生理の影響についてリサーチしてみました。

スポンサードリンク

ピルをやめるタイミングは?生理はどうなる?

結論からいえば、いつやめても問題ないようです。服用途中でやめても1シート飲みきってからでもかまいません。

ピルをやめると通常1ヶ月以内に排卵が再開するので子作りスタートできます。しかし9割くらいの人は普通に排卵が戻りますが、中にはピルを止めても生理が数ヶ月~半年くらいこなかった、といた方たちもいらっしゃいますから、心配なら一度生理がくるのを確認してからでもよいかもしれません。

まずはピルをやめたらすぐに基礎体温をつけるように心がけましょう。戻ってこないようであれば病院でも相談してみましょう。

 

ピルをやめてから妊娠までの期間は?

ピルをやめてから排卵再開後、すぐに妊娠する方もいれば、時間のかかる方もいらっしゃいます。ピルを飲んでいてもそうでなくても「子作りを始めてからいつまでに妊娠できますよ」という保証は何もありません。

しかしながらピルの影響で妊娠しにくい体質になってしまった、ということはないですからピルを長年使用していたから妊娠できない、できにくいのでは?という心配をされる必要はありません。

結局のところ、「ピルを止めた後に排卵が起きているかどうか」ということが妊娠可能かどうかの目安になりますから、排卵しているかどうかをご自分で判断したい場合には基礎体温をきちんとつけて確認することが大切です。

スポンサードリンク





 

ピルをやめた直後に妊娠!奇形になるって本当?

ピルをやめた直後に妊娠される方もいらっしゃることでしょう。その時に「もしかして体内にピルの影響が残っていて何か赤ちゃんのためによくないことが起こるのでは・・・」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ピルは薬ではありません

あくまでもホルモン剤であり、体内を妊娠しているかのような状態に保つだけのものです。不安に感じる必要性はありません。不妊治療にも使われるほどのものですから、ピルの影響で胎児が奇形になるようなことはありません。

 

まとめ

ピル服用中に妊娠を思い立たれる方も多いことでしょう。しかしピルは薬ではないので影響を恐れて体内から排出されるのを待ったりする必要はなく、思い立ったらすぐに子作りをスタートすることが可能です。

ピルはもともとホルモンを整えるものですし、卵巣を休める働きもあるのでいい状態の卵子が排卵される可能性も高いといえます。計画的な妊娠がしやすいというメリットもあります。はやい人は生理の再開を見ることなく妊娠に至ることもあります。

そういう場合、なにかしらピルの影響が胎児に起きるのではないかと心配になることもあるかもしれませんが、ホルモン剤によっての奇形の報告は出ていませんので安心してよいと思います。ピルユーザーだった方たちの出産報告では皆さん元気な赤ちゃんを授かっているようです。残念ながら流産という結果になる方もいますが、それはピルの影響で起こり得るものではなく、他の要因から生じたものです。

私は特に避妊もしていなければ、生理痛の悩みもなかったのでピルを使用したことはありません。ですからピルは避妊や生理を遅らせるために使う程度の知識しかありませんでしたが、今回のリサーチでピルには婦人系の悩みだけでなく妊娠に関しても様々なメリットもあることを知りました。

ですが、そのメリットがすべての人に当てはまるわけでもありませんし、妊娠の確率があがるという絶対的なものがあるわけでもありません。体の状態や体質や環境は皆さん違います。ですから妊娠希望の方は早い段階からいろんな角度から体を整えることを意識して生活することも大切なことではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


LINE 恋愛

関連記事はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る