花粉症新薬シダトレンの処方開始日、病院価格と需要。講習会と課題

shidatoren

取り扱う医師の間にも不安な声?!
花粉症の新薬「なめる薬」シダトレン

シダトレンは安全な薬?
発売日、価格、治療方法、副作用についてまとめました。

新薬の理解度は講習会だけで十分だったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

  • 発売日 2014年5月か、6月頃から保険が適用され、処方される予定。
  • 初年度は一回に処方される薬の量は2週間分
  • 治療期間 2~3年
  • 治療対象者 12歳以上65歳未満
  • 治療方法 舌下免疫療法 毎日一回、舌の裏側に薬を垂らして2分後に飲み込む
  • 価格 2014年4月に公価格が決定する。
    保険適用で年に15000~18000円位だといわれています。
  • 副作用 アナフィラキシーショックといって、急激なアレルギー反応を引き起こす可能性あり。
    喘息、咳などの症状も。
  • 入手先 学会が主催する講習会を受講し、eラーニング受講、eテストに合格し、その医師が属する医療機関
  • 効果 70~80%

以上がシダトレンという新薬の大まかな情報です。

 

シダトレンは不安要素がいっぱい?!

 

さて、

 

花粉症を根本から治そう!という治療が開始されることは、
朗報といえば朗報ですが、現在ある情報からの正直な
感想は、、

大丈夫か?この薬・・・^^;

ツッコミどころ満載で、「不安」です。

 

スポンサードリンク
 

だってこの薬、2、3年間毎日欠かさず投下しなければならないってことは、
花粉症の時期以外でもなーんの症状がない時期でも毎日毎日薬漬け・・・。
一時期さぼってしまって、再開すると、口の中が腫れてしまうことがあるって・・・。

更に、発売一年目だと一回に処方してもらえる薬は2週間分。
夏でも秋でも冬でも2週間毎に通院しなくてはなりません。

 

しかも、処方される病院は専門医で、「講習」を受けた医師のみ。
そうなると、かなり限られてきますよね。

たまたまご近所でそういった医師のいる病院があればいいですが、
そうでないと通院が大変・・・

 

価格は保険適用で年に2万円以下ならば悪くないと思います。
これで辛い花粉症と一生おさらばできるならば。

 

そして気になるのが舌下免疫療法
ポリオの生ワクチンのように舌の裏側にスギエキスをピと・・・・

 

ポ、ポリオの生ワクチン?!@@;
2012年9月より不活化性ワクチンへと切り替わった
以前のポリオの予防接種。あの生ワクチン。

予防のために服用したらポリオにかかってしまった、
という被害者を長年の間多く出してしまったあの生ワクチン・・

危険度も種類も全く異なり、ただ投下の仕方が同じなだけ、
共通点はただそれだけかもしれませんが、

より一層不安・・・

注射よりかはリスクは減ってはいるらしいですが、どうなんでしょう・・・^^;

 

食物アレルギーの治療法として同じような治療法が使われているのですが、
小児科での治療は現在行われておりません。

シダトレンは12歳以上65歳未満と対象年齢を限っていますので、
ある程度似たようなリスクがあるのでしょうね。

 

シダトレンの需要ある?講習会の実態。

 

講習会を受講されたという医師のブログを参考にさせていただくと、
(講習会内容について)

基本的な知識の解説が中心で、実際のノウハウは乏しい印象。

質疑応答で気になったQ&A;
・皮下免疫療法を行っている患者さんが舌下免疫療法への切り替えを希望された時に、どのように移行するのがよいか?
・エキスを2分間口に含ませた後に飲み込むとあるが、吐き出した方が副作用が少ないのではないか?
しかし「これからの検討課題です」と明確な回答はありませんでした。

(引用元;アレルギー疾患の小児科医のブログ)

 

厚生労働省から認可されたはいいが、実際に医療の現場で使用される
準備が全然できていないんじゃないの?!

とびっくりしてしまう・・・。

これが普通?医療の場ではこういった曖昧さは普通なの?!
現在の時点では「検討課題」で済ませて、その課題が解決してから
きちんと処方が開始されるんだよね??

それとも、私たち患者は実験台となるの?!

 

講習会がこんな感じなので、扱うお医者さんも最初は様子を伺ってから
取り扱いを検討するかもしれないですね・・・。

それでも根本から治す、完治させる、ということは魅力的。
ですが、実際に広く普及されるのは当分先のことになりそうです^^;

不安要素をすべて取り除いてから処方の開始を行ってほしいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク


LINE 恋愛

関連記事はこちら

関連記事

ページ上部へ戻る